ワイヤーソーイング工法

ワイヤーソーイング工法とは、ダイヤモンドワイヤーを切断対象物に巻きつけ回転させることにより切断する工法です。
ワイヤーは柔軟性に優れており対象物の形状に合わせて切断が可能な上、設置スペースにも制限が少ない事から、建築物や橋梁の解体・耐震改修など幅広い現場で活躍しています。

【対応工事】

鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造の解体・耐震改修など
柱・壁・梁・床版・地中梁・基礎・煙突などの切断・撤去

ダムや橋脚などの水中構造物にも使用可
病院・ホテル・稼働中の事務所など、振動・騒音・粉塵に制限の厳しい箇所での切断

【特徴】

振動・騒音が少ない
切断対象物の制約が少なく、水平・垂直・角度付きに対応可
ワイヤーの掛け方により切断面積が調節可能な為、現場対応力がある
重機の届かない高所作業や、障害物の隣接する狭い場所でも機械を設置出来るスペースがあれば切断可能

【作業の流れ】

  • 準備

    アンカー打設・機械設置・周辺養生設置(切削汚水飛散防止)

  • 切断

    メインプーリーを回転させワイヤーに張力をかけながら切断
    切断中はワイヤーに冷却水を供給
    切断の進行により長さの余ってくるワイヤーはプーリーの位置を調整し巻き取る

  • ブロック吊り出し

    ブロックにはあらかじめ転倒防止措置を施し、レッカーまたはチェーンブロック等で吊り出す
    吊り切り・切り置きなど工程や現場に応じて対応可能

ワイヤーソーイング工法

施工事例

coming soon

Top