コンクリートカッター工法

コンクリートカッター工法はエンジンを搭載した切断機にダイヤモンドブレードを取り付け、切断線に沿って切断して行く工法です。
主に道路の舗装切断でよく見られますが、鉄筋コンクリート造の解体に伴う床版切断や大面積の床版に目地を入れる溝加工にも使用されます。

【対応工事】

道路の舗装改修・歩道や側溝の新設・配管埋設に伴う切断
マンホールの補修や改修に伴うマス切り
工場土間等の改修に伴う目地切り加工
RC造の解体・改修に伴う床版切断

【特徴】

ハツリ工事に比べて騒音・振動・粉塵が少ない
カッターで切断するためハツリに比べて精度が高い

施工事例

coming soon

Top