バースター工法

バースター工法とは、コアーボーリング工法で穿孔した下穴にバースティングのヘッドを挿入し油圧により割れを生じさせ撤去する工法です。
弊社では、飲食店の床に施工されたシンダーコンクリートの破砕撤去でよく用います。
ハツリ工事に比べて騒音・振動が少ない事から、稼働中のビルやマンションなどの周辺に配慮が必要なケースにお勧めです。その他、重力擁壁などの無筋のコンクリートの撤去工事にも使用します。

【対応工事】

飲食店など、厨房床面のシンダーコンクリート撤去
重力擁壁の解体・撤去
無筋コンクリートの解体・撤去

【特徴】

ワイヤーソーイング工法に比べて安価に出来る
振動・粉塵・騒音が少ない

施工事例

重力式擁壁破砕

Top